リハビリ専門学校で取得できる国家資格

リハビリテーション、理学療法、作業療法、そして言語療法を行うためには、専門的な知識が必要となります。医療現場や介護現場では、それぞれの国家資格を持った専門家によって、医師と連携して、適切なリハビリテーションが行われています。それぞれの資格は、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)と呼ばれており、リハビリテーション職と呼ばれています。3つとも、厚生労働省が認定している国家資格です。 リハビリテーション職の国家資格を取得するためには、それぞれの法律に基づいたカリキュラムを設けている専門学校などにおいて、必要とされている教育課程を終了する必要があります。そして、それぞれの国家試験に合格をすることで、はじめて、それぞれの国家資格の免許を取得することができるのです。 高校を卒業をした学生の場合は、3年もしくは4年制の大学、もしくは短期大学、そして専門学校に入学することが必要です。既に4年制の大学を卒業をした、既卒者、社会人の場合は、2年制の大学もしくは、専門学校などへ入学、卒業をすることによって、国家試験の受験資格を得られます。既にほかの学校などにおいて、必要とされている教育課程を修了している場合は、1年制の学校への入学も可能です。さらに、外国ですでに所定のカリキュラムを終了した場合は、厚生労働省によって認定を受けることができれば、直接国家試験の受験資格を得るということもできます。

Copyright © 2016 リハビリ専門学校に通うメリット。