リハビリ専門学校での学習内容

近年、リハビリテーションの必要性が一層注目されています。そのため、どの医療機関、施設などにおいても、それぞれのリハビリテーション専門職のニーズは大変高くなっています。 リハビリテーションの専門職の国家資格を取得していると、就職に有利となり、長く働くことが可能となることから、国家資格を取得するために、リハビリ専門学校への入学を希望する高校生だけでなく、既に大学を卒業をしている社会人の入学者も増えてきています。 リハビリ専門学校では、大きく分けると、4つの科目を習得していきます。まず社会的な知識や教養を広く学ぶ、一般教養科目、専門的な分野の基礎的な内容の科目、さらに踏み込んだ専門的な科目、そして、実際に病院や施設において、既に国家資格を取得して活躍している現役の療法士の指導のもと、決められた期間の臨床実習が行われます。 リハビリ専門学校は、昼間に授業が行われる3年制の学校の方が多いですが、現在働いていたり、アルバイトの必要がある社会人のために、4年制の学校もあります。4年制のリハビリ専門学校では、夜間に2時間の授業が行われるように教育課程が組まれています。そのため、昼間に働いている人でも、無理をすることなく、学習を進めていくことが可能となっています。

Copyright © 2016 リハビリ専門学校に通うメリット。