リハビリ専門学校の選び方

リハビリ専門学校は、昼間に授業が行われる3年制の学校の方が多いですが、現在働いていたり、アルバイトの必要がある社会人のために、4年制の学校もあります。4年制のリハビリ専門学校では、夜間に2時間の授業が行われるように教育課程が組まれています。そのため、昼間に働いている人でも、無理をすることなく、学習を進めていくことが可能となっています。 リハビリ専門学校に通いたいと思っていても、さまざまな学校があるので、迷ってしまうこともあるかと思います。選び方のポイントとしては、臨床実習をする設備が充実しているかどうか、国家試験を合格するためのサポート体制は整っているかなどが挙げられます。 合格率や、就職の実績などのデータの他にも、どのリハビリ専門学校も、年に数回ほどの頻度でオープンキャンパスを行っていて、実際の授業を見られるようになっています。オープンキャンパスだけでなく、普段でも自由に見学が可能となっているところも多いので、実際に足を運んで、学校の雰囲気をチェックをしてみることもおすすめいたします。 また、奨学金や、学費の免除制度などを設けているかどうかも重要なポイントです。社会人の場合、「教育訓練給付制度」という、学費のうち、最大で144万円を補助してもらえる制度もありますので、調べておきましょう。

Copyright © 2016 リハビリ専門学校に通うメリット。